ピロリ菌除菌

当院では、ヘリコバクター・ピロリ菌感染の有無を調べる検査や、除菌治療を行っています。

ヘリコバクター・ピロリ菌とは

ピロリ菌除菌ヘリコバクター・ピロリ菌(ピロリ菌)は、胃の中という強酸性の環境に生息できる細菌で、胃十二指腸潰瘍の原因であることがわかっています。また、胃過形成ポリープ、萎縮性胃炎、鳥肌状胃炎などへの関与も指摘されています。こうした病気は胃がんの発生にも関わっており、実際に胃がんにかかった人の多くにピロリ菌感染が認められたことから、感染があった場合には除菌治療が推奨されています。またピロリ菌は、悪性リンパ腫の前段階である胃MALTリンパ腫、特発性血小板減少性紫斑病、鉄欠乏性貧血、免疫疾患、皮膚疾患などに関与しているという報告もあります。
若い世代では減少傾向にあるとはいえ日本人のピロリ菌感染率はまだ高く、胃や十二指腸潰瘍、胃がんの経験がある方を両親に持つ場合、高率で菌を持っている可能性があります。なお、慢性胃炎の方のピロリ菌検査、除菌治療は、平成25年2月からが保険適用になっています。
子どもを持つ前に除菌治療を受ければ、次世代に感染を伝える可能性がなくなるため、ピロリ菌除菌はある意味、胃がんワクチンだと言えます。

ピロリ菌の検査方法

ピロリ菌感染の有無を調べる検査はいくつかありますが、当院では以下の4種類の検査を行っています。

尿素呼気チェック

吐いた息を分析する方法です。お身体に負担なく、正確な診断を行えます。

抗体法・抗原法

安価ですが確定診断ではなく、健康診断などでスクリーニングに使われる検査法です。血液抗体測定、尿中抗体測定、便中抗原測定があります。なお、確定診断には、他の検査を受ける必要があります。

迅速ウレアーゼ法

胃カメラ検査時に行う検査法で、組織を採取して検体を調べます。

鏡顕法

胃カメラ検査時に行う検査で、採取した胃組織を染色し、病理医が顕微鏡を用いて感染の有無を診断します。

ピロリ菌専門外来

ピロリ菌専門外来当院では、胃カメラ検査による正確なピロリ菌の感染検査と適切な除菌治療を保険診療で受けられます。また、過去6か月以内に人間ドックなどの胃カメラ検査で慢性胃炎の診断を受けた場合や、採血などでピロリ菌感染陽性を指摘された場合、すぐに除菌治療を開始することもできます。

※平成25年2月より保険診療の適用拡大が行われ、ピロリ菌の感染検査を保険適用で受けられる対象となる方の条件が変更されています。

  • 以前の条件:胃カメラ検査で胃十二指腸潰瘍、その他の数疾患が確認されていること。
  • 現在の条件:胃カメラ検査で慢性胃炎を認めた場合

また、検査でピロリ菌感染が認められた場合、保険診療で除菌治療が可能です。
また、過去6か月以内に他施設で受けた胃カメラ検査で慢性胃炎の診断をされた場合も、ピロリ菌検査を保険診療で受けられますし、それで感染が認められたら除菌治療も保険診療で受けられます。

除菌治療は1回目で除菌に失敗する場合もありますが、2回目の除菌治療も保険診療となります。なお、他の医療機関で一度ピロリ菌の除菌に失敗した経験がある場合は、過去6か月以内に胃カメラ検査を受けていれば、2度目の除菌治療を保険診療で受けられます。

こうした条件を満たさない場合には、ピロリ菌検査や除菌治療が自費診療となります。

自費診療の例

  1. 3回目以降の除菌治療
  2. アレルギーがあって保険診療の薬を使用できない場合
    以前除菌治療を受けた際に、じんましんや湿疹などのアレルギー症状が出た場合は、保険診療による通常の除菌治療ができない可能性があります。
  3. スクリーニングなどでピロリ菌感染が指摘されており、胃カメラ検査を受けたくない場合
    ピロリ菌感染が認められる場合、すでに胃がんが発生していることも考えられますので、基本的には胃カメラ検査をおすすめしています。当院では苦痛のない胃カメラ検査を行っておりますので、ご相談ください。

ピロリ菌の除菌治療

  1. 1週間の服用
    2種類の抗生剤とPPIという胃潰瘍治療剤を1週間服用します。
    味覚異常(約30%)、下痢(約13%)、じんましん(約5%)肝機能障害(約3%)などの副作用が起こる可能性があります。異常があった場合にはご連絡いただいており、じんましんや湿疹などのアレルギー症状が起こった場合にはすぐにご連絡いただく必要があります。
  2. 除菌判定検査
    正確に判定するため、除菌判定の検査を治療から1ヶ月後以降に行います。1回目のピロリ菌除菌治療では、約70~80%が成功するとされています。除菌が成功していたら、治療はここで終了です。
  3. 2次除菌治療
    最初の除菌治療が成功しなかった場合、ご希望があれば2回目の除菌治療を行います。使用する抗生剤を変更しますが、服用期間は同じく1週間です。
  4. 除菌判定検査
    正確に判定するため、除菌判定の検査を治療から1ヶ月後以降に行います。1次除菌と2次除菌を合わせた成功率は97~98%ですから、ほとんどの方がここで成功します。ただし、2~3%ではありますが失敗する可能性があるため、自費治療の3次除菌以降もご希望があれば可能です。
Tel.043-286-5075 再診の予約はこちら