逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃液や胃で消化される途中の食物が、食道に逆流することで起こります。日本人には少ない病気だとされていたのですが、食生活の欧米化が影響しているのか、近年になって増えてきています。胃液は強い酸性であり、食道には胃のように強い酸から粘膜を守るメカニズムがありませんから、逆流が起こると炎症を引き起こします。それにより、胸やけや胸の痛みなどさまざまな症状が生じてきますが、無症状のまま進行する場合もあります。また咳などの胃や食道との関連がなさそうな症状が現れる場合もあるので注意が必要です。

逆流性食道炎の症状

胸焼けが代表的な症状ですが、症状が現れないケースもあり、ほかに喉の違和感や咳など、さまざまな症状があります。

胸やけ

胸が締め付けられるように痛むという症状が現れることもあります。

呑酸

酸っぱい液体が口まで上がってくる症状です。ゲップの時に苦いような酸っぱいような味がする場合もあります。

口内炎、のどの痛み

喉や口腔内が胃液により炎症を起こすため、口内炎やのどの痛みが現れます。悪化すると飲み込むことが困難になる場合もあります。また、声がれや起こることもあります。

咳・喘息

胃液によって気管支が刺激されて咳や喘息が起こる場合があります。また、食道に加わった刺激が気管支に伝わって咳が起こることもあります。

違和感

胸やのどに違和感や不快感を起こすなど、ほかにも多彩な症状があります。

食道炎の原因

胃液が逆流しないよう、食道と胃の境目には下部食道括約筋がフタをしていますが、この仕組みが弱まったり、胃酸の増えすぎで胃液の逆流が起こることが逆流性食道炎の原因です。
下部食道括約筋の働きは、加齢や肥満、食事の仕方や内容、姿勢などによって弱まってしまう場合があります。そして、食道の知覚過敏によって逆流性食道炎が起こる可能性も最近、指摘されています。これは、胃液の逆流が一時的に起こって粘膜が炎症などのストレスを起こし、それによって食道の過敏性が異常に高まっている状態です。

逆流性食道炎の検査

逆流性食道炎の検査逆流性食道炎の診断の方法として、様子を見ながら行う診断的治療が一般的ですが、同じような症状を起こす胃潰瘍や胃がん、食道がんの可能性がありますので、当院ではいまず胃カメラ検査を受けてから治療を開始する方法をおすすめしています。胃カメラ検査は、胃だけでなく、喉や食道の粘膜も直接、しっかり観察できますので、食道の粘膜に傷が付いていないか、びらんなどが形成されていないかをはっきり確認できますし、重症度にも考慮した最適な治療を行うことも可能になります。また、他の病気から症状が起こっているかどうかも見分けることができます。当院では、苦痛のない胃カメラ検査を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

逆流性食道炎の治療

生活指導、薬物療法、外科的治療がありますが、効果的なお薬があることから、薬物療法が基本となります。ただし、生活習慣の改善は症状を緩和させる効果が高いため、積極的に取り入れることをおすすめしています。

1. 薬物療法

薬物療法重症度や症状、他に既往症があればそれも考慮して、患者様と相談しながら最適な処方を決めていきます。胃酸の分泌を抑制する薬剤、胃や食道の食べ物を送り出す運動を亢進させる薬剤、食道・胃の粘膜を保護する薬剤が用いられますが、中でも胃酸分泌を抑制する薬剤が効果的です。そのため、他の薬剤を使用する場合も酸分泌抑制剤と併用するケースが多くなっています。

2.生活指導

胃液の逆流を防ぐためには、食後すぐに横にならないことが重要です。また、腹圧が上がると逆流が起こりやすいので、前かがみなどの姿勢は避けましょう。
また、逆流を起こしやすい食品を避けることも効果的です。飲酒や喫煙、ブラックコーヒーや炭酸飲料、油ものや甘いものは控えましょう。意外ですが、酸っぱい食品もあまりよくありませんので、梅干しや柑橘類、酢の物なども避けてください。また、パンなどの炭水化物もできれば減らしましょう。

3.外科的治療

まれですが、薬物療法や生活指導といった内科的治療を十分に行っても効果が乏しく、重症化してしまった場合には手術も選択肢となります。ただし、内科的治療とは比べ物にならないほど侵襲が強い治療法ですから、食道が狭くなって飲み込むことが困難になっていたり、出血を繰り返すなどのケースに限ります。

逆流性食道炎と食道がん

逆流性食道炎と食道がんの症状はかなり似ていますし、重症の逆流性食道炎は食道がんを発生しやすいとされています。近年、食道がんは増えてきていますが、検査機器の進歩や胃カメラによる定期的な検診が普及してきたことで、早期発見例と内視鏡治療で治る方も増加傾向にあります。
当院では、逆流性食道炎のような症状がある方や、食道がんリスクが高い方に、苦痛のない胃カメラ検査をおすすめしています。

  • 食道がんリスクファクター
  • 日常的に飲酒されている
  • お酒を飲むと少量でも顔が赤くなる
  • 喫煙している
  • 熱いもの、辛いものが好き
  • 野菜や果物を積極的に摂っていない
Tel.043-286-5075 再診の予約はこちら